スタッフ紹介

温熱整体マチュア 院長 皆川 幸子

温熱整体マチュア 院長 皆川 幸子

出身
千葉市花見川区
資格
整体師
資格
温熱療法物僚士
趣味
バドミントン・バイクの運転・ドライブ・カラオケ
家族構成
夫・猫1匹
好きな言葉
「健康第一」「3分前は過去」
この仕事についてなかったら何をしていた?
警察官(白バイ隊員)・新幹線の運転手・アナウンサー・教師

「簡単な経歴を教えて下さい」

「簡単な経歴を教えて下さい」

「1973年1月生まれ。
生まれも育ちも千葉市花見川区です。

高校生の時は勉強が苦手で、アルバイトばかりしていました(笑)コンビニ、レストラン、ドラックストア、お蕎麦屋さんにガソリンスタンド・・・数々の接客業経験が今の仕事に、生きています。

高校卒業後は地元の大手金融機関に就職し、営業含め銀行業務を一通り経験しました。6年勤務後、違う世界をみたくなり、大手外食産業で店長代理のマネージャーとして勤務していました。」

「全く違う分野のお仕事から・・何故この仕事に??」

「全く違う分野のお仕事から・・何故この仕事に??」

「仕事はハードで、ストレスからか頭痛・生理痛・肩こりに悩まされ、持病のアトピーも悪化してしまいました。

ハリ、アロマ、気功など色々な整体院巡りをするも一向に改善せず、痛み止めは欠かせないし、皮膚科通いにもかなりの時間とお金を整体に費やしてきました。

また仕事もプライベートも中途半端で人生ドン底状態。

「一体どうしたら、この不調が良くなるのだろう?一生治らないのでは?」と不安と焦燥感にさいなまれていました。

そんなとき、たまたま会社の先輩から「なんだかすご~くアツ気持ち良くて 効く整体院があるんだけど一緒に行く?」と言われ、わらをもすがる思いで一緒に連れて行ってもらいました。

最初に整体を受けた時の衝撃は今でも忘れられません。

直感で、ピンときました!!

 

「すごい・・・」

 

これが私と温熱療法の最初の出会いです。

いつの間にか、20年以上苦しめられてきた肩こりと頭痛と冷えと生理痛が、なくなっていました。(アトピーは時間がかかりましたが今は完治しています)

そして、それから真剣に身体と向き合う時間を作り、身体のことについて勉強しはじめた私は、いつしかこれを自分が整体する側になりたい。

そうすれば、自分のように困っている方を助けられる。と強く思ったのです。」

「なるほど、患者だったのですね・・」

「なるほど、患者だったのですね・・」

「そうなんです。どこへ行っても改善しなかった自分がすっかり良くなったので、これを広めたいと・・・。資格を取得したあとは、出張で温熱療法をしながら、デイサービスに直談判して利用者さんに整体をさせていただくことができました。

「肩こりがすごく楽になったわ」

「腰が痛いのがなくなってきた」

「脳梗塞での手のしびれが消えた」

「睡眠薬を飲まなくても眠れるようになった。寝つきが良くなった」

「耳鳴りが治まった」

80代や90代のご利用者様から私の手を握りながら涙を流しながら喜ばれたのが昨日のように思い出されます。」

「そして市川に引っ越して整体院を開業されたのですね」

「そして市川に引っ越して整体院を開業されたのですね」

「はい、結婚と同時に市川に転居し、開業しました。知らない土地で一からスタートでしたが、ありがたい事に少しずつ口コミでお客様が増えてきました」

ところで、「マチュア」ってどういう意味ですか?

ところで、「マチュア」ってどういう意味ですか?

「はい、英語で直訳すると「大人の・・」とか「成熟した・・」という意味なんです。

誰のものでもない自分の身体を慈しみ、自分でケアできる女性が真のオトナであると思い、そんな女性を増やしたいという思いから院名にしました」

「最後に読んでいる方にメッセージをお願いします」

「最後に読んでいる方にメッセージをお願いします」

「最近は、仕事や家事、子供や孫の世話など、自分の事を後回しにし続けた結果、生活に支障をきたすほど、身体も心も病んでしまう方が多い事に憂慮しています。身体の声に耳を傾けて早目にケアをしていれば防げる病気は沢山あります。

当院では心理学を応用した独自のメソットを取り入れており、メンタル面の回復にも力を入れています。心も身体もホッとでき、エネルギーチャージできる居場所として、皆様のお役に立てたら嬉しいなと思います。」

 

本当に良くなるの?と迷われている方へ

本当に良くなるの?と迷われている方へ

今まで色々な治療を受けてきたけれど良くならない・・

本当に良くなるの?という疑心暗鬼のお気持ち、とっても理解できます。

それは私もずっとそう思っていたからです。

まだ実際にあなたとお会いしていないので、現段階では断言できませんが、

「原因」の「原因」にアプローチしていけば解決の糸口はみえるはずです。

大切なのは「良くなりたい」という気持ちを持ち、あきらめないで「動く」ことだと思うのです。

当院があなたのお役に立てれば幸いです。