head_img head_img_sp

information

ライン予約
お問い合わせボタン
HOME > 逆流性食道炎

逆流性食道炎

あなたはこのような症状でお困りですか?

symptom_gyakuryusei

icon_check01 のどに何かがつかえている感じが取れない

icon_check01 昔から胃が弱く、胸やけや消化不良気味

icon_check01 ストレスを感じると胃痛がする

icon_check01 逆流性食道炎と診断され薬を飲んでいるがいまいち改善しない

icon_check01 胃酸があがってくる

大丈夫です。あなたのそのお悩みは当院で解決に導く事ができます。なぜなら不調の原因である自律神経に直接作用する整体だからです。

 


皆様にいただいたお喜びの声

胃の働きが良くなっているのを実感してます!

icon_next 市川市在住 K・K様 40代

voice


★当院へご来店前はどのようなことで悩んでいらっしゃいましたか?

逆流性食道炎・身体の冷え・疲労


★何がきっかけでご来店されましたか?

友人の紹介。あまりにも元気になった変わりようにびっくりして聞いたらこちらを紹介してもらいました。


★来店される前、躊躇したことは何ですか?

話には聞いていたので熱さと本当に良くなるのかが少し心配でした。


★その躊躇をどうやって解決しましたか?

友人が熱いけどそのあとすごく気持ちいいし、楽になるから絶対行ったほうがいい!と言ったので。


★実際に施術を受けてみて、どのように感じましたか?

想像より熱かった。特に内臓。でも後半は気持ちよく、寝てしまいました。足がとても楽になったのが意外でした。


★私(温熱先生)の印象や対応はいかがですか?

知識が豊富でお任せできる先生です。


※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

【★院長皆川より所見★】

K様は2年ほど前から胃の不調に悩まされていたそうです。薬を飲んでもなかなか改善されなかったそうで、今回の来院となりました。

お身体を拝見すると全身の冷え・内臓全体が固く、下がっていて動きが悪くなっていたので消化されにくい状態が常となっていたことが伺えます。

背中の自律神経と、お腹を中心にしっかりと熱刺激を入れていきました。

また、逆流性食道炎の方に多い「喉のつかえたような感じ」もあったので食道・甲状腺にもしっかり入れていきました。

施術中からお腹がぐるぐる鳴る音が聞こえ(これは施術中に頻繁にある事です)じんわりと汗をかき、頬に赤みがさしてきました。

根本原因である自律神経の調整を行い、最後はとてもリラックスしてお休みされていました。

施術直後は「あ、喉のつかえがおりた」と仰っていただき、深い呼吸ができるようになりました。

普段から早食いの癖などもあったそうなので食生活の見直しと冷え対策・ストレスケアも含め間をおかず連続6回施術を行ったところ、胃のむかつきがほぼ無くなった事、疲労感が減ってきた事・内臓の固さと全体的な身体の冷えも改善されてきたので、今後は月に1回のメンテナンス施術でOKとさせていただきました。




身体が軽くなり具合の悪い所などの相談もしっかり考えて頂き良かったと思います。

icon_next 市川市在住 M様 60代

voice


★当院へご来店前はどのようなことで悩んでいらっしゃいましたか?

疲れ・胃の痛み・冷え


★何がきっかけでご来店されましたか?

チラシを見て。


★来店される前、躊躇したことは何ですか?

特にありません。


★実際に施術を受けてみて、どのように感じましたか?

身体全体が温かくなり、とても軽くなりました。


★私(温熱先生)の印象や対応はいかがですか?

話がしやすい。ハキハキしている。具合の悪い所などの相談もしっかりと考えていただき良かったと思っています。


※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

【★院長皆川より所見★】

M様は最初のご来店時、顔色が悪く、胃の痛みが頻繁で食欲も落ちていました。また内科で処方された胃の薬意外にも大量のサプリを飲んでいらっしゃいました。

まずはお薬の力を借りて、だんだんと症状を改善できるための身体にしていくという治療方針を最初に決めました。

お身体を拝見すると、内臓が固くなっている事・首の傾きや回旋が悪く不眠気味であることも判明しました。

息を吸ったり吐いたりする呼吸筋の動きも悪くなっていたので、とにかくリラックスできるような整体を行いました。

ストレッチをメインに背骨を揺らしながら矯正をかけ、頭蓋骨のゆがみを取り、自律神経のポイントである眉間にじっくりと熱刺激をいれていきました。

そのあと、撫でるように温熱器を操作すると「ふうう~~~」と深い息を吐く事ができるように。

施術直後はかなり眠くなったようですが、それが抜けた後は食欲が出てきたとのこと。また、両目がぱっちりと開きやすく、視界が広がった感じとのことでした。

その後、M様に合わせた毎日の呼吸法と栄養について、また生活習慣を具体的に変えるための個別アドバイスをさせていただきました。

現在8回目を経過した段階で、だんだん改善してきています。


 

hsp_banner


私たち、みんなマチュアで良くなっちゃいました


当院が選ばれる5つの理由

flow

waribiki_banner

LINE予約

電話番号 0120-02-4970

お問い合わせボタン

 


逆流性食道炎の原因

symptom_gyakuryusei

逆流性食道炎が起こる原因は、食道と胃のつなぎ目の「噴門(ふんもん)」という場所にある「下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)」という筋肉がゆるんでしまうことです。この下部食道括約筋がゆるんでしまうと、食道と胃の通り道が開きっぱなしになってしまい、胃から食道へと胃酸が逆流してしまいます。

つまり、この筋肉が食道と胃の間のふたをしてくれるイメージですね。普段は食事のとき以外、食道と胃の通り道にある「門」をふさいでくれています。ところが、この「門」をふさぐ機能が衰えていくことに原因があります。

symptom_gyakuryusei

icon_next 主な原因とされるもの

icon_check3 食生活
icon_check3 暴飲暴食
icon_check3 早食い
icon_check3 脂っこいものの取り過ぎ
icon_check3 ストレス

油っこい食事や喫煙、大量の飲酒、不規則な食事やストレスを受け続けると下部食道括約筋が疲労します。

疲労がピークに達すると、下部食道括約筋は「門番」としての仕事を辞めてしまうことがあるんです。胃酸の分泌はストレスを受けることですぐに増えます。自律神経のバランスが崩れることで、胃酸のバランスも崩れてしまい、食道に逆流し起こるとも言われています。

 

何年もお薬を飲んでいるけど‥治らない?

symptom_gyakuryusei

逆流性食道炎の治療で使われる薬は、大きく分けると、「胃酸の分泌を抑える薬」「胃酸を中和する薬」「食道の粘膜を保護する薬」「食道の運動を活発にする薬」があります。

胃酸の分泌を抑え、胃の不快な症状を改善する「ガスター」や「ザンタック」などは軽度の食道炎に対して使用されることが多いです。

薬を飲めば食事の時の胸のつかえや胸やけなどが一時的には和らぐかもしれませんが、残念ながらお薬は対処療法で、根本改善ではありません。

当院でも実際に逆流性食道炎でお薬を飲んでいる方は、「何年間も薬を飲んでいるのに全く治らない」と言う人もいらっしゃいます。

これらは表面的に症状を改善することはできますが、また繰り返してしまいます。副作用(発疹・便秘・下痢など)もあるので、さらに胃や腸の粘膜が傷つけられ・・またそれが不安やストレスにつながる・・悪循環に陥ってしまいます。

また逆流性食道炎を放置していると、食道粘膜の表面にある組織が、胃の粘膜に似た組織にかわってしまうことがあります。これをバレット食道といい食道がんにつながる危険性があると考えられています。

ですから対処療法に頼らず、『本当の意味での改善』に導くためには、もっと根本的な原因。すなわち自律神経と脳にアプローチすることが重要になります。

 

逆流性食道炎と深い関係のある自律神経

逆流性食道炎の原因の原因であるストレスや自律神経の不調を改善しないと症状は良くなっていきません。

symptom20170113_14

そもそも自律神経とは、交感神経と副交感神経がバランスよく働くことで、人間が生きていくための無意識下での働きをコントロールする器官です。例えば内臓の働きや血液・リンパ液の循環、呼吸、体温調節、ホルモンバランスなど、ほぼ全ての生理的な機能を管理するため24時間働き続けています。

「身体的・精神的なストレスが長く続く」「昼夜逆転などの不規則な生活」「内蔵疲労」「長い病」などにより自律神経が乱れることで、胃にフタをする筋肉や食道を働きを正常にコントロールできなくなってしまいます。

自律神経は呼吸をする、体温調節をする、心臓の拍動など自分ではコントロールできない生命をつかさどる神経なのですが、実はこの自律神経は脳の疲労によるものです。そして、脳疲労=自律神経の疲労は「心」の疲労でもあるのです。

jiritsu_info

jiritsu_info


icon_maru 脳は大きく分けて大脳・小脳・脳幹の3つのブロックからなります。

大脳は“理性の脳”といわれ、

言語  理論  芸術

といった身体の外側からの情報を処理する働きを持っています。

hirou_nou

そして、大脳旧皮質は“本能・情動の脳”と呼ばれる

icon_next 喜怒哀楽や快不快

icon_next 食欲や睡眠欲

といった生理的欲求などの内側からの情報を処理します。

通常はそれぞれがバランスを保っているのですが、外部からの情報が多いと大脳新皮質がその情報を処理するためにフル回転します。

すると大脳新皮質と大脳旧皮質のバランスが崩れてしまい、大脳旧皮質が司る情動や本能的な欲求が抑圧され、

自律神経やホルモン分泌を制御している間脳にアンバランスな指示が送られてしまうことで心身に異常が出てしまいます。

hirou

つまり脳疲労とは、脳内の理性と本能のバランスが崩れ、理性が本能を抑圧してしまい生理的欲求や喜怒哀楽を司る本能の脳が上手く働かなくなってしまう状態のことなのです。

このように胃酸過多による不快な症状は一時的にお薬で改善できますが、やはり根本を解決しないと 長い間同じ症状で苦しみ続けることになってしまいます。


 


たった一度の整体で不快な胃腸が楽になる

sejyutsu01 symptom_atopy04

当院のオリジナル整体は、遠赤外線の温熱器を使用し、鋭い熱刺激を内臓・筋肉・細胞に与えていきます。すると自律神経の一つ交感神経が引きしまりそれと同時に血管を引きしめます。

そのあと「温かい刺激」で最高に気持ち良い状態を感じる事で、今度は血管が緩み筋肉に酸素がたっぷりと供給され、疲労物質は除去されます。

これを何度か繰り返すことにより、交感神経の過緊張が緩和されます。

何だかとても熱そうだし実際熱いのですが、それは一瞬のことで、「熱さを脳が感じる時間」は1秒以下です。こうして自律神経のバランスを調整し、内臓の緊張を取っていきます。

心身ともに緩んだ状態で手技により内臓を正しい位置に戻します。

筋肉の表層部ではなく、深部に熱刺激を入れて、交感神経を優位にし(このとき一瞬血管がきゅっと細くなる)そのあと、温覚を刺激するように、ゆっくりと撫でるように温熱器を操作すると「あったかくて眠くなっちゃう~」と脳はリラックスモードなります(このとき血管が太くなります)

これを何度も繰り返す事で全身の血流を良くし、自律神経のバランスを整えていきます。しっかり熱を入れた後はオリジナルのストレッチを組み入れて、お身体の調整に入ります。

sejyutsu03

また身体に熱を入れると体内で増える特殊なたんぱく質(HSP)が、ストレスを軽減するという実験結果があり、お医者様からも認められる科学的根拠に基づいた施術法です。

最高に気持ち良いのに、症状が改善している。結果につながるのが選ばれる最大の理由です。

icon_maru 以下

icon_check4 身体の隅々まで血液が流れ、血流が良くなり、コリや痛みがその場で改善します。
icon_check4 ダル重い身体がしゃきっと元気に蘇ります。
icon_check4 身体にたまった老廃物が排出されやすくなり むくみが解消されやすくなります。
icon_check4 体温が上がり、体脂肪が低下されます。
icon_check4 免疫細胞である白血球が活性化することで、細菌を殺す力が強くなり、免疫力が上がります。
icon_check4 身体を温めると増える特殊なたんぱく質(HSP:ヒートショックプロテイン)がストレスから守ってくれます。


icon_maru 施術中は、こんなお声を沢山頂いております。

sejyutsu04

「うわ~なになになに~~すご~いゾクゾクする位気持ちいい~」

「手足がじんじんして血が通ってるのがわかった!」

「想像以上に熱くないです。気持ちいいです」

施術中から身体が変化していきます。内臓の調子が良くなり、お腹がぐるぐるなったり、じんわりと汗をかいたり、耳元で「さあ~」という血の流れる音が聞こえた、という方もいらっしゃいました。

 

病院や他院で良くならない逆流性食道炎の改善はお任せ下さい

ここまでお読みいただきありがとうございます。あなたが逆流性食道炎の症状が出たのはいつ頃からでしょうか?胃酸が出やすい、胸やけや重ダルさ、喉のつかえなど・・・

はっきりと自覚していないが、おそらく前々からなんとなくの症状があったのではないでしょうか?

実は内臓へのダメージは症状は突然でも、知らず知らずのうちにむしばまれているケースが多々あります。そして、お薬は症状は改善してくれますが、やはり根本改善ではないということもご理解いただけたと思います。当院では長い間お薬を飲んでいるにも関わらず、なかなか改善されない・・とお悩みの女性が多数ご来店いただいております。

過去には他院の整体やハリ治療などに行ったが効かずに、検索をして、当院をたまたま見つけ、来られた方がどんどん改善し、お薬が不要になるケースもございました。当院の整体は施術中からお腹がぐるぐる動きだすなどカラダの変化がご自身で実感していただけるのが特徴です。

さらに食事や生活習慣、ストレスに対する向き合い方まで徹底的に検証し、個別アドバイスを行っております。例えば食事時間の見直し・早食いの癖なども、ご自身で発見→納得→実行していただくところまでケアをしていきます。何故なら人は本当に腑に落ちないと残念ながら変われないからです。

初めてなので不安だな、本当に良くなるの?という方もまずはご相談だけでもOKです。そして行ってみようかなと思ったらぜひ早目のご来店をお勧めします。そのほうが早く楽になるからです。大丈夫です。私にお任せください。改善するまできっちりお手伝いさせていただきますね。

あなたのご来店をお待ちしています。


waribiki_banner

LINE予約

電話番号 0120-02-4970

お問い合わせボタン

 


根本改善するから、再発しません。あなたを明るい未来へお連れします。

気持ち良い整体なのに根本改善

point01

当院の整体を初めて受けたお客様は「言葉では言い表せない位、本当に気持ちいいですね」と良く言われます。

バキバキ・ボキボキ もありませんし、ゆっくりとした動きで大変ソフトな整体です。

日々の生活で忘れ去られていた「快」の感情を脳に呼び覚ましてくれます。
ですので結果も出やすいのです。


再発しにくくなるので、良くなった方からの口コミがすごいです。

point02

症状改善し、すっかり元気になられたお客様が、大切な家族や友人を連れてくる・・・というご紹介の連鎖が多いのが当院の特徴の一つです。

そして、本当に困っている人、治したいと覚悟のある人が県外からも多数ご来店されています。
私も身の引き締まる思いで、日々勉強勉強です。


万全のアフターフォローで徹底サポート。明るい未来を築けます。

point03

骨格、筋肉のつき方やお身体の癖、ゆがみなどは人によって異なりますし、同じ人でもその日の体調によって日々変化します。

女性の身体はデリケート。

院に行けない場合でも 困った時はお電話やメール、ラインでのアフターフォローも万全です。

女性ならではの視点で、根本改善するまで全力サポート。
あなたを明るい未来へお連れします。


 

推薦の声をいただいております!

施術家に大切なマインド、テクニックを兼ね揃えた数少ない先生なので尊敬に値します

icon_next すずらん鍼灸院 大島宏明先生

suisen

皆川先生とはセミナーで知り合いました。

色々なセミナーに参加されて勉強熱心さを感じました。

整体も10年間の実績があるので色々な症状の方を見てきてるので余裕があります。私も整体を受けたところ熱さは感じましたがそのうち徐々に慣れてきて翌日、翌々日と日が経つにつれ効果を実感出来ました。

施術家に大切なマインド、テクニックを兼ね揃えた数少ない先生なので尊敬に値します。自律神経失調症のエキスパートなので不調で悩んでる方は思い切って来院されることをお薦めします。


「人柄がいい先生」これに尽きるのではないでしょうか。キャリア女性におすすめです

icon_next かつみカイロ整体院 本屋勝海先生

suisen

皆川先生とは毎月1回、整体の研修会でご一緒させていただいてます。

一言で言うなら「人柄がいい先生」これに尽きるのではないでしょうか。

肩こり、冷え性に悩む仕事をお持ちの女性を救いたい一心で整体院をオープンさせたそうです。

キャリア女性におすすめですね。皆川先生の整体で明日からデスクでひざ掛けしなくてもいい冷え性に強いカラダになります。ぜひ、整体を受けてみてください。

 

メニュー・料金

waribiki_banner


温熱整体コース 5500円(税込)

menu01 menu02

menu03 point01

施術の流れ

※初回のみ初見料2000円(税込)がかかります。

2回目以降からは施術料のみとなります。

icon_next 当院予約専用番号 0120-02-4970

 

アクセス

地図

アクセスの詳細はコチラ

住所 〒272-0811 千葉県市川市北方町4-2005-3
電話番号 0120-02-4970
交通 北方十字路・中山競馬場から車で3分
JR船橋法典駅からバス5分
JR下総中山駅からバス15分

 

電話番号 0120-02-4970

お問い合わせボタン

ページトップに戻る