head_img head_img_sp

information

ライン予約
お問い合わせボタン
HOME > 副腎疲労症候群

副腎疲労症候群

あなたはこんな症状でお困りではございませんか?

symptom

icon_check01 しつこい疲労感が 何をしてもとれない

icon_check01 甘いものや塩分が高いもの(しょっぱいもの)を好んで食べる

icon_check01 朝起きられず、やる気がでない

icon_check01 ストレスを感じることが増え、コントロールできていないと感じる

icon_check01 風邪や呼吸器の感染症(気管支炎など)にかかるとなかなか治らない。しょっちゅう咳やのどがつまる

icon_check01 アトピー・喘息・花粉症などのアレルギー症状がひどくなった

icon_check01 夕食後の午後6時以降になると 少しずつ元気になってくる

icon_check01 今まで気にならなかったことに無性にイライラする

icon_check01 朝はコーヒー(カフェイン)を飲まずにいられない。カフェイン依存傾向がある

これらのうち、4つ以上思い当たる事がある方は、副腎疲労症候群(アドレナル・ファティーグ)の可能性が高く、放置しないですぐに対策が必要です。


副腎疲労症候群(アドレナル・ファティーグ)とは・・・?

副腎疲労とは、1990年代に米国の医師ジェームズ・L・ウイルソンによって提唱された概念で、 副腎の機能が低下した結果、疲労や倦怠感をはじめ様々な症状が出る病気です。

symptom_fukujinhirou

副腎(ふくじん)という名前は初めて聞く方もいらっしゃるかもしれませんが、腎臓の上に親指ほどの大きさにある臓器で、ストレスに対応するためのホルモンを作る働きを持っています。

副腎は様々なホルモンを分泌し、ホルモンを通じて身体の各器官に命令を出しますが、 副腎が疲弊し機能が低下すると、このホルモン分泌に弊害が起こり、 倦怠感や無気力感などの疲労症状が出ます。

 

副腎の機能と疲労の関係

symptom_fukujinhirou

副腎疲労の原因となるものは、未だ完全に明確になっていないものの、 慢性的に副腎皮質ホルモンの分泌を促すものと考えられています。

その副腎皮質ホルモンの中でも、アドレナリン、ノルアドレナリン、コルチゾールが疲労と大きく関係しています。

アドレナリン・・・・不安、恐怖、怒りの感情によって分泌され、 それら感情に身体が対応出来るよう、各臓器に指示を出します。具体的には、血糖値を上昇させたり、心拍数や血圧を上げて血流を良くしたり、痛覚を麻痺させるなどです。これらストレスに対抗・反応できる身体状態を作り出すホルモンです。

ノルアドレナリン・・・ストレスに対抗できるよう、集中力、判断力、やる気、緊張などを高めます。そのため、ノルアドレナリンの分泌量が低下すると、無気力、無関心、うつ病などの症状を引き起こします。うつ病の治療薬として、ノルアドレナリンの量を増やす抗うつ剤が利用されるのはこのためです。

コルチゾール・・・ ストレスにさらされることにより分泌され、各臓器に働きかけるとともに、 各ホルモンの分泌バランスを調整します。コルチゾールは蓄積していくため、正常な値に戻るのに長い時間を要してしまいます。そのため、ストレスを与えられていない状態でもコルチゾールレベルはなかなか下がらないため、 慢性的にストレスを与えられると、どんどん上昇し、副腎が疲弊してしまいます。過剰なストレスによりコルチゾールが多量に分泌された場合、 脳の海馬を萎縮させたり、難病指定されているクッシング症候群を発症したり、疲労症状が出ます。

うつの薬を飲んでも効かない、エナジードリンクや栄養剤なども効かない方は 副腎疲労を解消していないからです。


 

ストレスに対応する内臓 ~副腎と自己免疫疾患

symptom_fukujinhirou

喘息やアトピーなどのアレルギーと副腎疲労は密接な関係があります。

副腎が疲弊すると「自分力が低下」し、自分を過剰に守ろうとします。自分を守るための物質の代表がヒスタミン反応(アレルギー)です。

ヒスタミンは敵(異物)が侵入してきた際に、脳に異常を知らせます。自分が弱ると、ヒスタミン反応が過剰になることで、脳は副腎へホルモンを合成するように指令を出します。

脳から副腎への命令回数が増え過ぎることで、さらに副腎は疲弊します。副腎が疲弊すると免疫が異常行動を起こし、その結果、過敏性大腸炎や自己免疫疾患などを発症します。

実は院長皆川もアトピー性皮膚炎もちですが、当院の温熱整体を受け、生活習慣を地道に改善することでだいぶ快方に向かっています。

ほんの一例を上げると、私はミルクティーが大好きだったのですが、これを控えた。 ではなぜ甘いものが良くないのか?

こうしたことを詳しくお話します。食事療法も大切です。正しい知識(啓発)と理論を知った上での改善ならばご本人が納得して少しずつ実践していけるのです。

 

副腎疲労症候群(アドレナル・ファティーグ) を改善するには?

大きな原因は脳の疲労による自律神経の乱れです。

symptom_fukujinhirou

自律神経とは、交感神経と副交感神経がバランスよく働くことで、人間が生きていくための無意識下での働きをコントロールします。

例えば内臓の働きや血液・リンパ液の循環、呼吸、体温調節、ホルモンバランスなど、ほぼ全ての生理的な機能を管理しています。

ストレスや内臓疲労により自律神経のバランスが乱れることで、身体は傷んだ組織の修復や疲労の回復が上手くできなくなります。そんな状態のままでは、副腎の疲労も蓄積されたまま、いつまで経っても自己回復することができません。

symptom_fukujinhirou

ですから、自律神経のバランスを整え、内臓調整、身体のゆがみや頭蓋骨のゆがみを整え、生活習慣を改善することが回復へのカギなのです。

放っておくと疲労感は日を追うごとに増していき、さらに気力も段々低下して、憂鬱な気分が長く続いてしまいます。人のからだのだるさや疲労感は、全身の気・血の不足と、元気の源となる腎(東洋医学の五臓の1つ)気の不足が原因と考えます。

 

副腎疲労症候群(アドレナル・ファティーグ)に対する当院の施術

symptom_fukujinhirou

最初にしっかり問診をします。なぜなら食事内容や入浴、睡眠時間、現在のストレス状況など、ご本人が気づかないうちになにげない普段の生活習慣が副腎疲労症候群を招いている事が多いからです。

その後にお身体のチェック、施術に入ります。

symptom_fukujinhirou

当院の温熱整体は自律神経に直接熱刺激を入れて、自律神経の活力を呼び覚ます全国的にも珍しい整体です。

身体のゆがみと頭蓋骨のゆがみをとるとその場で、呼吸がすっと楽になります。

そのうえで、ストレスに対応する方法や栄養指導などの個別アドバイスを行い、実践していただくことで劇的に回復に導く事ができるのです。

 

私たち、みんなマチュアで良くなっちゃいました

flow

waribiki_banner

LINE予約

電話番号 0120-02-4970

お問い合わせボタン


その疲労はあなた一人では解決できないかもしれません

symptom_fukujinhirou symptom_fukujinhirou

icon_maru 当院には疲れて疲れて何も気力がわきません・・というお客様はまだいいほうで・・・

icon_maru どこをどうやって運転してきたのかわからないほど 疲れきってしまって・・とか

icon_maru 買い物をした食材を冷蔵庫に入れる気力もないほど 疲労困憊・・・

というお客様が最終的には笑顔で沢山卒業されていっています。

※ここでいう卒業とは「月に1回ほどのメンテナンスでも充分」という状態のことを言います。

このような状態になってしまうと、もうあなた一人では解決できないかもしれません。

女性は特に自分のことを後回しにしがちですが、まずはご自身の身体と心を優先してあげてください。あなたがここまでしんどくなってしまったのには、ちゃんと原因があります。

丁寧なカウンセリングと完全オーダーメードの整体で、薬に頼らず改善できる方法がここにあります。どうぞ、安心してお越しください。

 

根本改善するから、再発しません。あなたを明るい未来へお連れします。

気持ち良い整体なのに根本改善

point01

当院の整体を初めて受けたお客様は「言葉では言い表せない位、本当に気持ちいいですね」と良く言われます。

バキバキ・ボキボキ もありませんし、ゆっくりとした動きで大変ソフトな整体です。

日々の生活で忘れ去られていた「快」の感情を脳に呼び覚ましてくれます。
ですので結果も出やすいのです。


再発しにくくなるので、良くなった方からの口コミがすごいです。

point02

症状改善し、すっかり元気になられたお客様が、大切な家族や友人を連れてくる・・・というご紹介の連鎖が多いのが当院の特徴の一つです。

そして、本当に困っている人、治したいと覚悟のある人が県外からも多数ご来店されています。
私も身の引き締まる思いで、日々勉強勉強です。


万全のアフターフォローで徹底サポート。明るい未来を築けます。

point03

骨格、筋肉のつき方やお身体の癖、ゆがみなどは人によって異なりますし、同じ人でもその日の体調によって日々変化します。

女性の身体はデリケート。

院に行けない場合でも 困った時はお電話やメール、ラインでのアフターフォローも万全です。

女性ならではの視点で、根本改善するまで全力サポート。
あなたを明るい未来へお連れします。


 

推薦の声をいただいております!

施術家に大切なマインド、テクニックを兼ね揃えた数少ない先生なので尊敬に値します

icon_next すずらん鍼灸院 大島宏明先生

suisen

皆川先生とはセミナーで知り合いました。

色々なセミナーに参加されて勉強熱心さを感じました。

整体も10年間の実績があるので色々な症状の方を見てきてるので余裕があります。私も整体を受けたところ熱さは感じましたがそのうち徐々に慣れてきて翌日、翌々日と日が経つにつれ効果を実感出来ました。

施術家に大切なマインド、テクニックを兼ね揃えた数少ない先生なので尊敬に値します。自律神経失調症のエキスパートなので不調で悩んでる方は思い切って来院されることをお薦めします。


「人柄がいい先生」これに尽きるのではないでしょうか。キャリア女性におすすめです

icon_next かつみカイロ整体院 本屋勝海先生

suisen

皆川先生とは毎月1回、整体の研修会でご一緒させていただいてます。

一言で言うなら「人柄がいい先生」これに尽きるのではないでしょうか。

肩こり、冷え性に悩む仕事をお持ちの女性を救いたい一心で整体院をオープンさせたそうです。

キャリア女性におすすめですね。皆川先生の整体で明日からデスクでひざ掛けしなくてもいい冷え性に強いカラダになります。ぜひ、整体を受けてみてください。

 

メニュー・料金

waribiki_banner


温熱整体コース 5500円(税込)

menu01 menu02

menu03 point01

施術の流れ

※初回のみ初見料2000円(税込)がかかります。

2回目以降からは施術料のみとなります。

icon_next 当院予約専用番号 0120-02-4970

 

アクセス

地図

アクセスの詳細はコチラ

住所 〒272-0811 千葉県市川市北方町4-2005-3
電話番号 0120-02-4970
交通 北方十字路・中山競馬場から車で3分
JR船橋法典駅からバス5分
JR下総中山駅からバス15分

 

電話番号 0120-02-4970

お問い合わせボタン

ページトップに戻る