head_img head_img_sp

information

ライン予約
お問い合わせボタン
HOME > 膀胱炎

膀胱炎

あなたはこのような症状でお悩みではないですか?

symptom_panic

icon_check01 トイレが近く、残尿感がある

icon_check01 膀胱炎を頻繁に起こす

icon_check01 季節の変わり目などに体調を崩す事が多い

icon_check01 コーヒーや緑茶などを1日に何度も飲む

 


皆様にいただいたお喜びの声

熱がじわじわと入り、気持ちいい!膀胱炎の症状も改善されてきました

icon_next 市川市在住 M・T様 40代

voice voice

★当院にご来店前はどのようなことで悩んでいらっしゃいましたか?

膀胱炎・冷え


★予約の決め手となったのは何ですか?

自分の体が冷えていると思い、興味をもったから。


★実際に施術を受けてみてのご感想はいかがでしたか?

熱がじわじわ入り、気持ちよかった。膀胱炎の悩みにも答えてくれました。


★私(温熱先生)の印象や対応はいかがですか?

すごく親身になって話を聞いてくださり、安心してお任せできる先生です。


※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

【★院長皆川より所見★】

symptom_boukou

M様は繰り返す膀胱炎と頻尿の症状に悩まされていました。お身体を拝見すると手先足先はもちろんのこと、内臓が冷えて下がっていました。

背中に熱を入れていくと身体中熱いのですが、特に腎臓のポイントが赤く反応が出ました。(※写真参照)

(他の部分より熱く感じる=冷えて血流が悪くなっているので温熱器の温度差が大きい)

また下腹部軽く当てただけで飛び上がるほどの熱さでした。

だんだんとじっくりと熱を入れていくと熱さも和らぎ、気持ちよさに変わります。慎重に熱を入れながら骨盤を調整し、固くなっていた股関節を緩めていくと汗がじんわりと出て老廃物が抜けていきました。1回目の施術時は施術着が汗でびっしょりになりました。

施術後は初回で膀胱あたりの不快な膀胱炎の症状がなくなりました。

M様には体質改善のため暫く通っていただき、4回目で腎臓の反応も弱くなっていきました。

「今まで靴下を履かないと寝れなかったのですが、最近はそれもなく、身体が以前より冷えなくなりました」と仰られ、7回ほど通っていただいたのですが、その後、ご家族の介護の都合で来院頻度が1か月半ほど空いてしまいました。

お久しぶりの9回目のご来院時に「あれから膀胱炎、出ていないです~」と嬉しいご報告をいただきましたのでご卒業となりました。


 

当院の温熱整体で膀胱炎の症状が緩和できます

symptom_boukou

私たちの生活環境の中には、常に沢山の細菌が存在しています。

体調がいい時は、もし尿道に細菌が入り込んだとしても排尿の際に尿と一緒に排出されるので、膀胱炎にはなりません。

けれど疲れが蓄積されていたり、ストレス過多になって、免疫力が低下していると細菌が膀胱内で増殖し、膀胱炎になってしまうのです。

さらに仕事の都合などで、頻繁にトイレに行きづらいなどの外敵要因もあります。膀胱炎の方のお身体を拝見すると例外なく、身体が冷えています。

身体が冷えていると外敵と戦うリンパ球が健康な状態と比べて激減し、無防備な状態になってしまうので病気になりやすくなります。

これが病気になる人とならない人との免疫力の差なんですね。

当院ではこの免疫力を上げる為、まずは冷えを徹底的に改善し腎臓や膀胱周りなどを中心にしっかりと熱を入れて血流を良くしていきます。

その後、背骨の中枢にある自律神経に熱刺激を入れ、頭蓋骨の歪みを取り除き、身体のバランスを整えます。

冷えと自律神経のバランスを根本改善し、免疫力が上がるので、膀胱炎そのものの頻度を減らす事が可能です。

 

hsp_banner


私たち、みんなマチュアで良くなっちゃいました


当院が選ばれる5つの理由

flow

waribiki_banner

LINE予約

電話番号 0120-02-4970

お問い合わせボタン

 


膀胱炎の種類と原因

膀胱炎とは何らかの原因で膀胱内に細菌が繁殖し、炎症を起こした状態を指します。膀胱炎には急性単純性膀胱炎と慢性複雑性膀胱炎の2種類があります。

【急性単純性膀胱炎】

膀胱や尿道に病気が無い状態で、大腸菌などの細菌が入ることによって起きる膀胱炎です。

【慢性複雑性膀胱炎】

基礎疾患として糖尿病、膀胱や尿道の病気があるために細菌が膀胱内に住みつき、慢性的に膀胱炎を繰り返す状態です。


symptom_boukou

症状は、主に残尿・頻尿・排尿痛・血尿です。また、中には膀胱炎から発熱を起こす腎盂腎炎ということもあります。

原因としてあげられるのはトイレを長く我慢する・不潔な性交渉・前立腺炎などの疾患による尿道圧迫のための残尿・温水洗浄便座の使用などが挙げられます。またご存知の方もいらっしゃると思いますが、膀胱炎は男性よりも女性に多い疾患です。

それは身体の構造の違いに起因しています。

女性の尿道は直線的で4~5㎝と短く、尿道口から膀胱の中に細菌が入りやすくなっているのです。

男性の尿道が15㎝~17㎝と言いますから、かなり差がありますね。

その上女性は尿道口と肛門や膣の距離も近く、物理的に尿道口に細菌が入りやすいことも一因となっているのです。

 

膀胱炎の治療と予防

病院での抗生物質を処方してもらう薬物治療が基本となります。通常は5日ほどで治まりますが予防のために以下を徹底することが大切です。

symptom_boukou

icon_maru 水分を十分にとる習慣をつける

icon_maru 排尿を我慢しすぎない

icon_maru 下半身の冷えを防ぐ

icon_maru 排尿・排便後は、ペーパーを前から後ろに使う

icon_maru 陰部を清潔に保つ(生理期間中は特に注意)

icon_maru 性交渉直後に排尿を行う


 

夏の膀胱炎と冷房病の関係

夏になるとこのような症状を訴えられて当院にご来店されるお客様が急増します。

「トイレがちかい」「排尿時痛」「排尿時にしぼれる」「腹痛」「頻尿」

このような症状でお医者様に行き、検尿をしても細菌が出ない場合は、冷房病(クーラー病)による冷えの症状です。

風邪をひいてもウイルス反応が出ないように、このような症状でも細菌が出ない場合はほとんど「冷え」によるもの。

それは内臓の冷えと直結しています。

内臓が冷えているな と自覚のある方は、お腹の上を手の親指以外の4本で叩いてみてください(下着の上からではなくじかに)

すると「ぴちゃぴちゃ」と水が跳ねるような音がしますか?

それが東洋医学でいう「水毒」の状態で身体の中に余分な水分が溜まり、それが冷えを引き起こしている目安となります。

冷房の効いたオフィスでアイスコーヒーなどのカフェインを飲みながら、パソコンと格闘しているお仕事の方は こういった症状が出やすいです。

このような膀胱炎症状は 内臓を温め、自律神経のバランスを整えると比較的すぐに症状が改善していきます。

冷えて血流も悪くなるので、肩こりや頭痛も引き起こしてしまいますから、オフィスではひざ掛けなどを活用したり、飲み物は温かい、ノンカフェインのものにしましょう。(当院ではルイボスティーをお勧めしています)

また真夏でも湯船にしっかり浸かる、通勤中にもエスカレーターではなく階段を使って筋肉を動かすなどちょっとした工夫も取り入れてみてくださいね。

生活習慣を見直して冷やさないようにすることが膀胱炎の一番の予防です。


 

私と一緒に辛い膀胱炎の症状を予防し根本改善してきませんか?

symptom_panic

膀胱炎になったことがある女性は比較的多いですね。実は私も経験があります。

排尿時の激痛は本当に辛いですよね。抗生物質を処方して改善はしますが、再発してしまうのはやっぱり免疫力があるかないかが決め手。

だからこそ体質改善し予防に力を入れていくことが大切なのです。

不快な膀胱炎の症状と体質改善が同時にできるのは当院の温熱整体だけだと自負しています。

まずはご相談だけでもOKです。お気軽にお問い合わせくださいね。

 


根本改善するから、再発しません。あなたを明るい未来へお連れします。

気持ち良い整体なのに根本改善

point01

当院の整体を初めて受けたお客様は「言葉では言い表せない位、本当に気持ちいいですね」と良く言われます。

バキバキ・ボキボキ もありませんし、ゆっくりとした動きで大変ソフトな整体です。

日々の生活で忘れ去られていた「快」の感情を脳に呼び覚ましてくれます。
ですので結果も出やすいのです。


再発しにくくなるので、良くなった方からの口コミがすごいです。

point02

症状改善し、すっかり元気になられたお客様が、大切な家族や友人を連れてくる・・・というご紹介の連鎖が多いのが当院の特徴の一つです。

そして、本当に困っている人、治したいと覚悟のある人が県外からも多数ご来店されています。
私も身の引き締まる思いで、日々勉強勉強です。


万全のアフターフォローで徹底サポート。明るい未来を築けます。

point03

骨格、筋肉のつき方やお身体の癖、ゆがみなどは人によって異なりますし、同じ人でもその日の体調によって日々変化します。

女性の身体はデリケート。

院に行けない場合でも 困った時はお電話やメール、ラインでのアフターフォローも万全です。

女性ならではの視点で、根本改善するまで全力サポート。
あなたを明るい未来へお連れします。


 

推薦の声をいただいております!

施術家に大切なマインド、テクニックを兼ね揃えた数少ない先生なので尊敬に値します

icon_next すずらん鍼灸院 大島宏明先生

suisen

皆川先生とはセミナーで知り合いました。

色々なセミナーに参加されて勉強熱心さを感じました。

整体も10年間の実績があるので色々な症状の方を見てきてるので余裕があります。私も整体を受けたところ熱さは感じましたがそのうち徐々に慣れてきて翌日、翌々日と日が経つにつれ効果を実感出来ました。

施術家に大切なマインド、テクニックを兼ね揃えた数少ない先生なので尊敬に値します。自律神経失調症のエキスパートなので不調で悩んでる方は思い切って来院されることをお薦めします。


「人柄がいい先生」これに尽きるのではないでしょうか。キャリア女性におすすめです

icon_next かつみカイロ整体院 本屋勝海先生

suisen

皆川先生とは毎月1回、整体の研修会でご一緒させていただいてます。

一言で言うなら「人柄がいい先生」これに尽きるのではないでしょうか。

肩こり、冷え性に悩む仕事をお持ちの女性を救いたい一心で整体院をオープンさせたそうです。

キャリア女性におすすめですね。皆川先生の整体で明日からデスクでひざ掛けしなくてもいい冷え性に強いカラダになります。ぜひ、整体を受けてみてください。

 

メニュー・料金

waribiki_banner


温熱整体コース 5500円(税込)

menu01 menu02

menu03 point01

施術の流れ

※初回のみ初見料2000円(税込)がかかります。

2回目以降からは施術料のみとなります。

icon_next 当院予約専用番号 0120-02-4970

 

アクセス

地図

アクセスの詳細はコチラ

住所 〒272-0811 千葉県市川市北方町4-2005-3
電話番号 0120-02-4970
交通 北方十字路・中山競馬場から車で3分
JR船橋法典駅からバス5分
JR下総中山駅からバス15分

 

電話番号 0120-02-4970

お問い合わせボタン

ページトップに戻る